ココロアップノート〜統合失調症編~

ココロアップノート〜統合失調症編~

HP用s

著者・編者:【監修】中込和幸(国立精神・神経医療研究センター病院) 【協力】EDICS統合失調症早期診断・治療センター 【作成ワーキンググループメンバー】市川暁(薬剤師)今泉博文(管理栄養士)熊地美枝(精神看護専門看護師)佐伯幸治(精神看護専門看護師)柴岡三智(医師・医学博士)浪久悠(作業療法士)根岸典子(精神保健福祉士)山田美紗子(臨床心理士)

判型・価格・発行年: A5判 52頁 750円(本体価格) 2015年3月30日

内容紹介:

 100人に1人弱が発症するといわれている統合失調症は、早期発見、早期治療により症状の悪化を防止し、早期の社会復帰を実現することができます。
 このノートは、発症年齢にあたる10代〜20代の患者さんを対象に作成されました。
統合失調症という病気やその医学的な治療、病気やストレスとのつきあい方についてわかりやすく説明しながら患者さんに病識をつけていただき、症状が悪化しそうな場合の『お守りプラン』の設定など、親しみやすい絵柄を用いて、悲観的にならず治療を続けていくための動機づけを高める、さまざまな工夫がなされています。
 実際に患者さんに記録していただくためのモニタリングシートにも3パターンが用意されており、各々の患者さんの好みに応じてご利用いただけるようになっています。
 患者さんと医療機関、また周囲の応援者をつなぐツールとしてお役立ていただければ幸いです。


目次:

このノートの使い方
リカバリーストーリー〜ピアスタッフからのメッセージ 
夢・希望をかなえようシート
統合失調症とは
私の歴史
統合失調症の治療
病気とのつきあい方
ストレスとのつきあい方
セルフモニタリング
自分のお守りプランを作ろう
代表的な福祉制度
最後に…「みんなにどう話したらいい?」統合失調症のこと