創造新古典選書1 アントン・デルブリュック 空想虚言者

創造新古典選書1 アントン・デルブリュック 空想虚言者

anton_kuuso_img

著者・編者:秋元波留夫 訳

判型・価格・発行年: A5判 148頁 3,200円 2007年

内容紹介:

“秋元波留夫遺作”

秋元波留夫氏のこの翻訳は、ばらばらな意味で勝手に用いられている現在の「空想虚言者」を統一した意味において用いて、お互いの議論を正確に行ない、また精神鑑定や精神医学的診断を、きちんと統一概念にするためには、どうしても必要な労作である。  この原典が翻訳されたことによって、司法精神医学や裁判の現場における「空想虚言者」の意味内容が正しくとらえられることになったと私は思う。
加賀乙彦(「空想虚言者」についてより)


目次:

「空想虚言者」について 加賀乙彦
 出版にあたって 秋元波留夫
はじめに
Ⅰ~Ⅵ章
おわりに