刑事精神鑑定

刑事精神鑑定入門 刑事精神鑑定に携わるひとのための副読本

刑事精神鑑定入門表紙緑カバートップ用

著者・編者:袖長光知穂

判型・価格・発行年: A5判 250頁 4000円(本体価格) 2022年3月31日

内容紹介:

 

本書は,はじめて刑事精神鑑定に携わろうとする精神科医がその最初の第一歩を踏み出すのに必要な基礎的・実践的な知識経験を解説したものですが,同時に,精神鑑定の実際に興味のある法律家や警察官,学生の皆様にも分かりやすくお読みいただけるように工夫してあります。内容は第1編から第3編までの3部構成となっています。

第1部は,鑑定経験のない精神科医が,精神鑑定をする上で必要な刑事手続に関する基礎知識の習得を目的に解説しました。実際の刑事事件を念頭に,捜査から公判までの手続きの流れを,解説しました。その際,基礎的な法律知識を根拠条文もあげて説明しています。

第2部は,精神科医が実際に精神鑑定をすることができるように,また,法律家や警察官らが精神鑑定の実際を理解して今後の捜査や公判に役立てることができるように,精神鑑定に関する基礎的・実践的な知識について,筆者の体験を交えて解説しました。

第3部は,鑑定人が法廷で鑑定の経過と結果を証言(プレゼンテーション)する際に用いるパワーポイントなどの資料を鑑定書の見本とともに収録しました。なお,本書は,皆様がその用途・目的に応じて効率的にご利用いただけますように,解説内容が多少重複しますが,各部をそれぞれ独立した構成としました。例えば法律家は第2 部から読むなど,その用途・目的に応じてご利用ください。

(本書「はじめに」より抜粋)

 

 

刑事精神鑑定講義

刑事精神鑑定講義

著者・編者:秋元波留夫 著 

判型・価格・発行年: A5判 790頁 10,000円 2004年

内容紹介:

本書は冤罪,誤診,詐病,鑑定の対立等の問題を含む5つの歴史的な事件を通して精神鑑定の陥ってきた誤謬をたどりつつ精神鑑定の意味を問いかけた第一部,著者自ら担当した162件の精神鑑定のなかから抽出した10の事件を鑑定人の視点を織り込みつつ詳述し,被疑者 との信頼関係が大切といわれる鑑定の実際を,人間的な機微を交えて著した第二部,鑑定書の書き方などの実務を紹介するとともに鑑定人の資質や精神鑑定をめぐる諸問題を論じた第三部で構成されている。

心神喪失者等医療観察法が公布され,その確立が急がれる『司法精神医学』に資する書として注目される一書。